About

ボイスヨガとは

日本ボイスヨガ協会」が提供するプログラムで、
声を心身のバロメーターと捉えて観察・調整するヨガです。

声の広がりや響きを手掛かりに、
ヨガの呼吸法やポーズ・フローを通じて
心身のチューニングを行うプログラムです。

(1)呼気=吐く息に様々な音や声を乗せる
「息の長さ・深さ・強さ」を観察しやすく、
消費カロリーも通常より多くなります。

(2)喉周りの筋肉の弛緩を観察する
声質や発声のしやすさを観察し、今の状態を見つめます。
ヨガの考えを軸に「喉の筋肉の運動能力を高める」練習をします。

(3)良い声を出すためのメンタルトレーニング
いい声が出る体というのは、ベースに上機嫌さ(心地良い状態が宿っている状態)があり、
精神的に余裕があり安定しています。

 

もともと運動神経の良い人がいるように、
声がいい人っていますよね。

生来的な声帯の作りによるものも勿論ありますが、
「筋肉を上手に使えているか」に左右されます。
それが自然にできているかがポイントです。

「ボイスヨガ」はアナタが持つ、本来の良い声を引き出します。

ボイスヨガ は動画で一部無料公開しています✨
ヨガチャンネル 〜 Yoga Channel

講師紹介

八田幸子
日本ボイスヨガ 協会代表
元ミスユニバース公認トレーナー
青山学院大学国際政治経済学部卒業

高校チア部で激しい腰痛に悩んだのがきっかけでヨガを始める。続けるほどに、体のバランス調整効果だけでなく、心の面でも深い癒しや集中力向上を実感。ポーズだけでなく解剖学・哲学・歴史も学びたいという想いから、発祥地インド・リシケシに20歳で単身渡航しRYT200取得。ヨガインストラクター歴10年、述べ5000人以上へ指導。

視野を広めるため大学で1年休学し、ブラジル・サンパウロで勤務。慣れないデスクワークで腰痛が再発してヨガを再開。同僚からも教えてほしいと声があがり週末レッスンを行う。口コミで広まり現地参加者は述べ200名。生徒陣が発起して有志で「八田ヨガスクール」を運営中。現在は3代目の講師が引き継ぎ、7年経った今でもクラスが開催され続けている。

大学卒業時にヨガインストラクターとして働くかIT企業への就職か悩むも後者を選択。3年弱勤務の末、過労と重圧から鬱を発症し退職。「自分には価値がない」と落ち込み半年ほど実家療養して引きこもっていたところ、母から「声が弱々しい、もっと自信を持ちなさい」と言われた、一念発起して自分を変えるためアナウンススクールに通いながらミスユニバースに出場。準グランプリを受賞したことがきっかけで大会公認トレーナーに任命され、候補生の心と体をサポート。

その後の縁で、スポーツ・報道・バラエティー番組のスタジオキャスターに抜擢されて活動。
ヨガをしてからスタジオ入りすると声の通りが全然違ったことから、心身と声との繋がりの強さを実感し、
体系的に学べる独自の「ボイスヨガ (声ヨガ)」プログラムを開発。
今年3月には約5000人が出場した「渋谷表参道Women’s Run 」でゲスト講師として登壇。

↓ボイスヨガのサンプルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCwpxmk6i_R6vO4AG7oElyWw?sub_confirmation=1